六月に雨が

You should take your umbrella.

短歌の目 第十二回 10月

 

参加いたします。 

 

tankanome.hateblo.jp

 

よろしくお願いします。

 

 

 

今月のお題

 

題詠 5首

 

1. 渋

定点のカメラの中を人生きる渋谷スクランブル交差点

 

 

2. 容

ご海容くださいと泣く人の泣きやむをただ待つ海なき心

 

 

3. テスト

明日きみに話しかけよう テス、テスとマイクになっている吾の夜

 

 

4. 新米

ふつくらのつやに目細め新米は愛いや旨しと鬼子母神食む

 

 

5. 野分

昨夜 よべの花あっけなく千切って散らし カラリと知らん顔 野分晴 *1

 

 

 

テーマ詠

 

 テーマ「空」

 

もっと見ていたい夕色 駄々をこね 地団駄ふむもストンと落ちた

                         

 

 

以上になります。

 

 

 

今月はハロウィン。

 

 f:id:amenomorino:20161027192229j:plain

 

でもいまだハロウィンというものがあまり馴染んでいないのでハロウィンらしい写真もない・・とりあえず暗めの写真をそれらしく加工してみた。

 

f:id:amenomorino:20161027192235j:plain

 

 

カボチャを見るとハロウィンと思う前に南京・・炊こかしら・・と思ってしまいますが、冬至はまだまだでもさすがに少しずつ秋も深まって朝夕冷えてきているので温かいものでも召し上がってみなさまも健やかな週末をお迎えください。

万聖節快楽!では、また。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

6月の短歌練習帳 乱題詠・6月お題

 

 

 6月のお題を詠みました。

 

tuchinocoe.hatenablog.jp

 

違う難しさのある気のする楽しいお題をいつもありがとうございます。なのに10月に・・・すみませんが詠みましたので出します出します。

ではよろしくお願いします。

 

 

 

1:ランプ

ねこの投げ出した脚先プラプラと古いランプの影のごと揺れ

 

 

2:励

ロビーでは励ましなのか滔滔と戦前戦時 もう夜も更けて

 

 

3:境目

あったから境目をなくしたかったふたり隙間に入って消えた

 

 

4:あばれ

サモハンとその他が乗りあばれても壊れなかったテーブルをくれ

 

  

5:従

川獺の腹から軍鶏の叫ぶ声 従い走る畦道の朝

 

 

6:かばん

きみのその大きいのそれかばんなの 丸ごと駱駝呑んだ蛇かと

 

 

7:っている

鳴っているごちそうの音夕ぐれて 子供に戻りどこへ帰ろ

 

 

8:少な

綿薄く広げたような夜の下 月探す人の影も少な

 

 

9:のうち

灰色の雲とねこ軒からのぞき そのうち降ると言っているけど

 

 

10:炎

あかあかと炎あなたを焚べたき火 沖から見ればきれいだろうか

 

 

 

 

 

脚注

4: サモ・ハン・キンポー - Wikipedia  よく家具を使用して暴れていた。私頑丈な家具が好きです。

 

 

 

以上になります。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

先月から短歌の目第二期も始まりました。始まってくれてありがとう!と心で唱えつつ間に合わなかったのでしたが

参加できる時は参加させていただく、間に合わない時はルールに従って後日自己練習でお題を使わせていただくかもしれません。

より下手になっていく気がするばかりなのですが、ええい下手の横好き、で今月は参加したいと思っています。

 

 

今月の滝

 

f:id:amenomorino:20161013185147j:plain

 

 

本当は今月でもなければ6月でもなかった、たしか・・・と思いますが

マイナスイオンを浴びてやる、もうびっしゃびっしゃになるほど!と行ったのが水の少ない頃で控えめな水量にとほほ…となったのでしたが

でも、滝だからなのか、木陰を作ってくださっていたグリーンのおかげなのかはわかりませんが、さすがに涼やかで気持ちよかったのはとてもとても気持ち良かった。日傘なんか必要のない涼やかさにやっと呼吸を再開できたような気がした名水の滝だったのでした。

 

 

 

 

広告を非表示にする

end of summer

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20161007063242j:plain 

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20161007063247j:plain 

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20161007063242j:plain 

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20161007063408j:plain 

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20161007063121j:plain 

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160929065004j:plain 

 

 

急に冷えてきた。もう10月ですけど

夏が終わったなぁという気がようやくしてきたので夏の終わりっぽいなと思う曲。 

 

 

 

 

五月天 Mayday 恆星的恆心 

 

流星のように去っちゃった君をでも僕は恒星のような心で思うよ・・・というようなことを歌っているラブソング。ずーっと以前の五月天は当たり前かもしれないけど曲もより瑞々しく青いせつなさが夏の終わりっぽく感じるのかもしれません。

たしかこの曲を収録のアルバム「時光機 Time Machine」は日本語対訳つき日本版が出ていた・・・と思うので何を歌ってるのか気になる方はよかったらそちらで聴いてみてください。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする