読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六月に雨が

You should take your umbrella.

深秋

 

 

 

 

 f:id:amenomorino:20141117072103j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20141117124751j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20141117124814j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20141117124846j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20141117064106j:plain 

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20141117125047j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20141117125107j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20141117125235j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20141117125240j:plain

 

 

 

靴下を手洗いしていて水が冷たくなった、と感じたけれど、まだ触れてすぐ痛いっと思うほどじゃない。そのくらいなんだなと手で季節を計ったような朝。

 

天のかみさまは優しかったのか気が向いたのか、日曜は嘘のように晴れ、少し出かけることができた。

全体的には秋晴れだったけれど、でも雲は行ったり来たりして、それで光と影が交錯していたからか、いつにもまして同じ日同じ場所とは思えないけれど

また首が落ちるんじゃないかと思うほど上を向くか葉っぱに吸い寄せられきた、そんなデタラメな写真が続くかもしれません。

 

 

昨日、秋についての話を読んでいて、そうだなぁと思っていた。春はお別れの季節です、という歌があったけれど、秋をそう思って嫌になっていたことがあった。

いつの間にかそれで嫌いになっていたらもうキリがないなぁという気もして、あとは時間ぐすりというものもあったのか、気がつけば一周回ったようにして再び秋が好きになっていたのだけれど、私の場合は。

またいつか変わってしまうこともあるのかもしれないけれど、この頃は春よりも秋に心が傾いて、春の花の咲き初めから散り終わるまですべて見ていたかったのと同じように、秋が深まって色が抜けてしまうまで見ていたいなぁとたくらんでいる。

 

 

 

 

 

 

成龍ライジング・ドラゴン(原題:十二生肖)をCSで放送していたけれど、この映画何回見てもぜんぜん入ってこない…(好みの問題だと思いますが新作の時から何度も見たことがある気がしてしまう…)

エンドロールで流れる歌だけは、周華健と歌っているからというだけでなく、最初に聴いた時から妙に残ってしまってるんだけど。

 

 

成龍 周華健 張震嶽-妙手空空 (官方完整版)

 

成龍の歌は…成龍の歌という一つのジャンルだと思うんだけれどそれはともかく頭に残りやすいフレーズ

人生啊 本來是一場夢
做美夢 醒來兩手空空

 

だから空しい、というのではなく、空だから掴んだり放したりすることも出来るんじゃないかな

と…勝手に解釈している。

 

 

 

ところでgu●osy というのはいったい何?誰かのブログで見たことあった気はするんだけれど、何が何だかはよくわかっていず、どうして勝手に掲載されますか?登録とかしてなくてもみんな掲載されるものなのか、わからなくて日本語覚えたてのようになるくらい困惑している。

 

別に害はないのだろうか?とりあえずわからないからこれは放っておくで正解?

 

ネットはしていても偏っているのでわからないことが多いのかもしれない。こういうのを観測範囲の違い、っていうんだなとそれだけはわかった気がした。

 

 

あ、それは関係ないですがアイコンを変更しました。見慣れないアイコンに、ん?と思った方がいたらごめんなさい。変えたはいいけれどアイコンサイズになると小さくて何がなんだかわからないねぇ。

 

 

 

広告を非表示にする