読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六月に雨が

You should take your umbrella.

clear weather after snowfall.

photo diary

 

 

 

 

 f:id:amenomorino:20150119063504j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150119063946j:plain 

 

 

 

 

 

 f:id:amenomorino:20150119063622j:plain

 

 

 

 溶けてきたなー、と思った頃に降るの。

だけど雪降って積もった翌日の朝、晴れてるとテンションは上がる上がる。まぶしーっ!って。

「なかよし」の二人は、寒っ、って身を寄せ合って縮こまってるようにも見えたけれど。(むちっ、っとした足の感じがかわいい)

ホンモノの犬もいっぱい散歩していたけれど、犬みたいにはしゃるきまわっていた。

 

「はしゃるきまわる」って方言なんだろうか?それともうちの身内の独自語だったのか?知らないけれど「はしゃいで飛び跳ねるように動く様」のことを昔からそう言っている。

犬がなんだかもう身も蓋もないほど大喜び、大興奮して、どうにかしちゃったような声でわひ~ん、わひ~ん言いながら、そんな体勢に生き物がなれるの?と思う格好でびょ~んって飛び上がってたり、歩いてるんじゃなくて跳ねてるよと思うような感じ。

人がそういう風になってる様子を、はしゃるきまわる、と。

あと、出かけてばっかりで家に居ないような子のことも、 もう、この子は落ち着きのない、はしゃるきまわってばっかりで…などと言っていたような。

はしゃるきまわって疲れたけれど、エネルギーを消耗したのではなく、太陽エネルギーを吸収出来たような気がして満足。

 

 

 

この間からこの冬役に立っているもの、をメモ代わりに書いておこうと思いながら忘れてばかりいるので、唐突に貼っておく。

 

 

花王 キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム 40g

花王 キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム 40g

 

 

乾燥してるだけじゃなくて、たぶん乾燥のせいで肌が荒れているというか傷んでいる、という感じだったので、前に一度、秋に夏の疲れかすごい敏感になった時使ってみたらよかったような記憶があったのを思い出して、試しにと使ってみたらよかったので。

どうよかったかというと、12月に入った頃から化粧がまるでうまくのらない感じ、塗ってるしりからダメだこりゃ、という感じになって困っていたのが、これを朝晩と、すっぴんの時に乾いてるなと思ったらマメに塗るくらいにしていたら、お正月にはファンデーションがちゃんとのる!メイクも普通に出来るようになってました。

それで今は朝晩だけ普通に塗っているけれど、調子いい感じは保たれているみたい。朝メイクする場合はかなり薄めに下地の前に伸ばしているけれど、浮いてくることもなく、崩れも気になりません。

肌につけるものは肌質によってホントに違うと思うので、ご参考になるのかどうかはわかりませんが、とりあえず乾燥性敏感肌に、というのがポイントかなと。

まぁ実際どう違いがあるのか?成分とか見てもよくわからないわけですが、実際使っていて刺激とかはなく重い感じもせず、翌朝もべとついてないけれど、朝になったら何も残ってない感じにカサカサしてはいない、という感じは続いていると思う。

私の場合はよかった、肌にあってるみたいなので、このまましばらく使ってみる予定ですが

調子良くなると忘れちゃったり、あるいは買いに行くといっぱい並んでいるのをほーっと眺めてるうちに、どれだったっけ…?とならないようにメモ代わりに。

 

 

昨日は太陽エネルギーを満喫したけれど、今朝はまた暗い寒い夜明け、雨。

寒さもまだまだこれからなのでしょう。

いっつも「迎春」ってちっとも春じゃなーい、と思ってるけれども、そこら辺は太陽暦に合わせるったら何がなんでも全部合わせるという昔の日本人の生真面目さかもしれないしじゃあしょうがないな…と受け入れているのだけれども、時期的にはいわゆる旧正月のほうがほんとにこれから、春を迎える、っぽいなとやっぱりいつも思ってしまうんだけれども

この冬も乗り越えて今年も本当の春を無事に迎えよう。

ちなみに今年は2月19日だそうです。

 

 

 

阿牛(陳慶祥)-桃花朵朵開 (官方完整版MV) 

 

2006年ごろにヒットした春節ソング。コテコテやな。

最初のコント…場面は、故郷に妻を残し科挙でも受けに行ったのが無事に合格、出世して戻りましたぁ、というような話かなぁと思う。

コテコテのコメディ演技だけれど、福福しいお顔の人は台湾の女優さん、日本でも放送している台湾ドラマでもコメディリリーフのような役で時折お見かけする。

阿牛こと陳慶祥はマレーシア出身の華人で台湾で大ヒットした歌手。

中華圏にはこれでもかっとばかりにおめでたく寿ぐ春節の歌が数多くあるけれど、この歌は素直な愛らしさとMVのゆるっと脱力させられる感じがなんだかお正月ムード満載だからか、ぽかぽかした春が浮かんでくるようで恋しく待ち遠しくなる。

 

 

 

 

広告を非表示にする