読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六月に雨が

You should take your umbrella.

第10回 「短歌の目」 12月

短歌 短歌の目 はてな題詠

 

 

カフン、カフン、こんにちは、花粉症ではないですが鼻が大変です。

 

tankanome.hateblo.jp

 

 

今月もよろしくお願いします。

 

 

短歌の目 第10回 12月

 

 


12月お題 10首

 

 

1. ファー

ファーの首すくめて夕に消え入った 川面に背中ゆれて残った

 

 

2. 密

竹やぶは立ちつくす影、影になり 光密閉せんともくろむ

 

 

3. LED

ヨーソローLEDに照らされた波間に人魚、セイレーン、など

 

 

4. グレーゾーン

オセロ打つ時もぼくたち二人ではグレーゾーンを作ってしまう

 

 

5. くま

くまはみなバンザイしてる! ベルリンの写真に ( おさな )なにかを得たり

 

 

6. 石

石は兄、妹は骨など出来て 三女は肺に蓮の咲くやも

 

 

7. イエス

手にはイエスと書いた旗しかないが 今日の旗上げゲームの開始

 

 

8. 鐘

鐘の音 寒夜をわたるうっそりと猫どもは寝るこぞとかわらず

 

 

9. 氷

いたいほど耳に 氷柱( つらら )のきよらかな冬の光を集めた音が

 

 

10.【枕詞】降る雪の

降る雪の白 息の白 紙ふぶき撒いているごと ( あした )の道は

 

 

 

 

今回第十回で「短歌の目」はひとまず終了とのこと、主催の卯野さん、お世話になりました。ありがとうございました。 

なにぶん初心者で詠むのに精一杯でしたが、卯野さんはじめ参加されていたみなさんの、自分では思いもつかないようなお題や、良い所を見ようとしてくれることにも励まされ何とか参加することが出来ていました。

終わりは寂しいですが、細々とでも今後も短歌や俳句を続けていこうと思っています。

 

 

 

f:id:amenomorino:20151208072905j:plain 

 

鐘のようだが鐘ではない…そんなものをなぜ最終回に出すのだ…と思いつつ…

 

春頃に言っていただいていたことを先月くらいにようやく実感としてわかった気がする…とかほんとに何事にも遅くて申し訳ないし、人様のを読ませてもらうと自分の詩心の無さやダメさにほんとにがっくりくるのですが

よろこびがそれを上回り、あちこち知らない方の所にもお邪魔したり申し訳ありませんが、楽しませていただいていました。

 

スターや引用スター、感想などいただいた方々も本当にありがとうございました。

自分で出しておきながら、えいっと公開ボタンを押したあと「うわわわわー」って身悶えしていたのですが、読んでくれてるんだから落ち着かないと、となんとか呼吸を再開できていた気がします。

本当にありがとうございました! 

 

なんだか卒業式のようになってしまいました…楽しかった修学旅行…が、「短歌の目」に参加して、短歌を読む目だけでなく短歌を詠もうとする目や、短歌に切り取ろうとする目…様々な目があるのだなぁということを、ようやくうっすら感じはじめたくらいなんですが

手探りしていけることがあるってうれしい、なんか怖いものが出てきちゃったり難しかったりすることもふくめて

短歌楽しいよ!短歌!と、ひとまずの終わりにあらためて思っています。

 

では、また。

 

 

 

 

広告を非表示にする