読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六月に雨が

You should take your umbrella.

season of fresh green

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618204504j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618204345j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618204400j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618204715j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618204729j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618204743j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618204514j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618204810j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618204823j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618204838j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618204846j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618205012j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618205029j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618205135j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618210936j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160618211144j:plain

 

 

 

 

 

 f:id:amenomorino:20160618205215j:plain

 

 

 

5月の夏日。どこを見ても緑緑緑縁緑・・・ひとつだけ違う字が混ぜてしまいましたが

5月は緑と風の美しい季節と思っていた以上にすべてが緑に光っていて、緑でした。

水が少なかった、これから暑くなったら目を涼しくしてくれるだろう水辺の風景も求めていたのだったけれど、思いのほか少なく

梅雨はまだの頃だったので一瞬「え?」と思った後に、あ、そうか雪か、この冬はひときわ少なかった、そういえば春の雪融けの頃になると川の水が勢いを増し「ゴーーーッ」っと時に怖くなるくらい轟音で流れていく音も今年は聞いていなかった気がする・・・

ということで雪解け水の恩恵に今年はあまり恵まれていなかった山のふもとの林のほうで森林の恩恵に人たちだけが恩恵にあずかってきていたので

アジサイのシーズンなんかてんで知らん顔で

アジサイは開いてきてはいたけれどまだこれから、はじまったばかりですから、ま、そう慌てないで・・・とやっぱり緑色して緑の光の中で同化するように地味に存在してのんびりいた頃の写真などを更新するのです。

 

 

時にログインもせず読んだり(ログインに時間が掛かり過ぎたりで)、あるいはものすごい飛び飛びになっていますが、明日かあさってとかにまた突然アクセスされていても私に愛読されている方々は「ヒィっ」とゾンビを見たかのように驚かないでいただけたら幸い。

ゾンビといえばポップというのかおふざけてるのか・・・なゾンビ映画の多い昨今ですが「高慢と偏見とゾンビ」というタイトルを見た時「ついにこんなことに・・・」と慄いたのか思考が停止したのかでまだ本編は見ていないのですが、

エイリアンVSヴァネッサ・パラディ」とかあまりにあまり過ぎるタイトルを見るとつい見なきゃ!という気がしがちなほうなこともあり

どなたか見た人がいらっしゃったら感想など書かれていたらぜひ読ませていただきたいなーということも思っている今日この頃です。

 

 

 

 

広告を非表示にする