六月に雨が

You should take your umbrella.

懶人日記

 

 


蘇慧倫-懶人日記 (官方完整版MV) 

かわいいったらありゃしなかったターシー・スーの「怠け者日記」
「人を罵ってるんじゃなくて、自分に言ってるのよ」と記者発表で語っていたように

”悩みには結果が出なくて 人生の知恵はまだ足りない

大またで歩いていくべきなのか

時間は忙しなく 一分一秒だって留めておけない

一体私は何を把握したのか 最後にはきっとわかるだろう

一晩中考えて 心もバラバラに砕けてしまった ”

そんな自分に「バカやろ」(巴格野魯)と言っている歌。

99年の「懶人日記」に収録。

たぶんそれまでのアイドル路線からちょっと変わりたがっていたんだろう頃だと思うんだけど、それでも歌い方といいまだまだ可愛いかったターシーもだけど、この曲を書いた、自分でも歌っていた(白鴿(1991)に収録)伍佰老師に、若いなぁ、若かったんだなぁと思う。

 

 

今の自分もいまだ足りないどころじゃないけれど、一晩中考えるだけの体力はなくなりましたが、色んなものが失われていってやがて考えることもなくなり、考えたことも忘れ、こんな風に思うこと自体無くなっていくんだろうから、考えられるうちはいつまでだって考えて、思って、一晩中はもう無理でも、頭をマンゴーにしているほうがいいのかもしれないと思ったり。

 

 

 

 

こっちは97年の「傻瓜」に収録の、これも伍佰老師作詞曲だけど

 


蘇慧倫-黃色月亮 (官方完整版MV) - YouTube

 

いやだけど「黄色い月明かりは私の優しい故郷」って 宇宙人ってことじゃないでしょ?ないよね?…違うの?とちょっと映る衣装に問いたくなるけれど、ターシーが歌ってると少女の、伍佰老師の作だと思うと少年の、それぞれの心が聴こえてくるような、恋のすれ違いのいい曲。少年少女というのでもない頃だと思うけど、こうなんか若い時の恋に不器用そうな感じ、強がりのような感じが好きだなぁと思う。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする