読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六月に雨が

You should take your umbrella.

渇睡

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150729184711j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150729184716j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150729184723j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150729184740j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150729184752j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150729184757j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150729184802j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150729184806j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150729184810j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150729184816j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150729184820j:plain

 

 

 

 

なんで?と思う言葉シリーズにランクインしていた「渇睡」だったけれど、なんか朝起きると身体は動くけれど脱水されたような感じ、頭がついてこない、そしていつもいつまでも眠い。本来は違うかもしれないけれど、この感じにしっくりくるなぁ、…と思う。

意味はわかったけど、なんで?シリーズはその他に「加油」などがあるのだけれど、覚えやすいメジャーな言葉だけれど「がんばれっ」っていうのになんで油を加えるのか?さっぱりわからないまま、永遠にナゾのままかもしれない。

 

 

今年の夏はなんかえげつない、たまたま用事が七月に重なっているのもあってちょっと夏に押され気味かもしれない、黙々とやり過ごそうとしている感じになってる

なのでやたらとぐいぐいとくる夏め、と思うけれど、でもぜんぜん違いが無いというのも変な話かと思えてきた。世はなべてこともなさ過ぎてもなんだかなぁ、な気もするし

 

 

 

TWINS《變變變》Official 官方完整版 [首播] [MV] 

 

變、は変わるの意。これは広東語歌なのでピンインはbin3。

ツインズとイーキン・チェンの映画「ツインズ・エフェクト」原題:千機變の主題曲。特別ゲストっぽく出演もしている成龍がツインズと歌っている。

今となってはああ~…となる部分もある映画だけれど

ダンテ・ラム監督と共に共同監督に名を連ねていて、アクション設計から指導まで一手に手掛けているのはドニー・イェン(甄子丹)。

そりゃあもう大変だったらしい…と言われていたけれどそれが画面にいい感じに出ているんじゃないかと思う。

 

ストーリーは吸血鬼の世界に伝わる伝説を巡る、悪い吸血鬼と、吸血鬼だけどわりと人の良い吸血王子の争いが人間界を巻き込まんとし…というとありがちな気もするけれど

冒頭から繰り広げられる、ヴァンパイアハンターであるイーキンとヴァンパイア集団の死闘から、いきなりガツンガツン響いてくる迫力満点のアクションエンタテイメント、愉快痛快な大娯楽作。

 

ツインズはそれぞれ、ヴァンパイアハンターのちょっとお茶目な妹(がシャーリーン・チョイ)と、イーキンに憧れ相棒になりたいと願ってるヴァンパイアハンター見習い(こちらがジリアン・チョン)を演じていて

二人の対決シーンをはじめ初のアクションに挑戦!ということだけれど初だから許されるわけでもぜんぜんなかったらしく、メイキング見ていても冷や汗流れそうなほど…

飛ばされたりバンバンぶち当てられたりしながらも、元気に頑張る主人公たちは十分に映画を引っ張っていた、というかフルフルフル…ってフル回転の二人の大活躍が映画のど真中にドーンとあると思います。

この映画と内容はぜんぜん関係ない、どちらもツインズが出てるというだけなんだけど2ということになっている「ツインズ・エフェクト2花都大戦」よりこっちのほうが断然楽しい映画じゃないかなと思う。

 

 

MVだけ見るとまるでジャッキーが主人公のようだけれど、イーキンがここに出てない(らしき姿は映るも顔は出ず)のは所属のレコード会社の関係とかかと思います。

ジャッキーと共にゲストでちょっと出演のカレン・モクの、よくわからないけれどとにかくベロンベロンに酔っ払ってる新婦は、意味不明だけど楽しく、あと同じくこのMVにはまったく登場しませんが

良い吸血王子に仕えている執事のアンソニー・ウォン(黄秋生)はホントにまったくもう愛らしく、短い出演でもジョシー・ホーはホントに「VS.吸血鬼でもかなりいい勝負を見せてくれそう」に見える。いい。

 

歌詞字幕がついていないと何を歌ってんだかわからないかもしれませんが(youtubeへ行くと歌詞も載ってます。)

吸血鬼にも色んな、人じゃないけれど、色んなのがいて、さあ…という映画に

”人もいい 神だっていい”

”時代が変われば 正と邪だって変わる

場が入れ替われば 役柄だって飛ぶ(ように変わる)かもしれない”

テキトーなこと歌ってるようでホントなような気もする、映画もだけど歌もそういう感じがいいなと思う。

広東語歌はテンポ速い歌はやけに忙しないんだけど。カタカナ広東語だけど合わせて(るつもりで)歌ってると舌噛み噛み、でも好きだ。

 

 

イーキンとジョシー・ホーの新作バトミントン映画「全力スマッシュ」は10月に日本公開だそう。

 

www.cinra.net

 

 

香港スター男優の伝統なのか、いつまでたっても中年男といわれると「え?」と思う、そうは見えないけれどじわじわと貫禄のついてきたイーキンと、迫ってくるような実を感じるジョシーの全力バトミントンも楽しみ。

 

現在シネマカリテの窓口では、バドミントンラケット1本とシャトル1個付きの前売り券が発売中

 

だそうです。どうしろというのだ?と思いつつ、いいな。

 

まだ何にも、順次ロードショーはどこまで来るの?も何も出てない、出来たてのようだけれど公式サイトはこちらのよう。

 

zenryoku-smash.com

 

 

 

 

広告を非表示にする