読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六月に雨が

You should take your umbrella.

自言自語

自言自語

 

 

 

短歌を考えるようになってぽつぽつ出てきたけれど短歌にはならなかった、長さは俳句くらいだけれど季語も入っていないので俳句でもない、自由律というのでもないようだし

だって

自由律俳句 - Wikipedia

 

また自由律俳句はあくまで定型から自由になろうとすることによって成立する俳句であり

 

ほらこういう意識もないし。どっちかというと、これは定型にならないかな?とあれこれしたがどうにも収まらず足すも引くもできなくなったもの、ですが

ぽいと捨てるのもなんだか…だけどいじましく残してばかりいてもつまらないし、数も溜まってきたのでなんとなくリサイクルのように出してみます。

何回かにわけるのも、とひとつにしたら多くなったので、お暇でもあればご覧ください。

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20150608113156j:plain

 

 

 

窓辺には 貝の細工が しゃらららら

 

 

バファリンサハリンを聞き違えた夜

 

 

花めがけ 漕いで飛ぶんや 白日夢

 

 

夜目に見た 白粉の人 花の精かは

 

 

春雷を遠くに聞いて雨上がり

 

 

f:id:amenomorino:20150608113300j:plain

 

 

 

大輪の花が手を振る 日陰もの

 

 

じゃこてんの 匂いがしたか とっとっと

 

 

むかっ腹 蹴ったつま先 皿回し

 

 

箱開く 紙せっけんの匂いだけ

 

 

鎖骨出て これがわたしの角(つの)なのだ

 

 

 

f:id:amenomorino:20150608140427j:plain

 

 

 

子供にも 脛毛生えれば疎ましい

 

 

昼ごろに きみのいう昼 長い昼

 

 

擦り剥いた左ひじあり 右を向く 

 

 

来たこともない店の影 懐かしく

 

 

浮遊する 水母の傘に骨はなく

 

 

 

f:id:amenomorino:20150608140751j:plain

 

 

 

のったりと甲羅の散歩 追いかけて

 

 

年下と知って突然呼び捨てに

 

 

ねえさんの袖にきらりと 遠眼鏡

 

 

猫被る人の頭に乗せたいな

 

 

諦めとあきらめ悪さ 同居して

 

 

                          ~2015梅雨時

 

 

f:id:amenomorino:20150608113926j:plain

 

 

 

 

自言自語=独り言という意味。独り言といえばほぼぜんぶそのようなものだけど…得意技「まぁいいか」を発動して…

今までに参加した「短歌の目」のお題や関連した言葉がところどころに出ていますが、基本的には頭をそっちに向けようとしてるうちに出てきたもので、

いずれは定型に出来るかそうならなかったならさくっと忘れるくらいに…というのが理想。

そこまでの道のり(遠い遠い)にまたこれからも出て来るのかどうかも今のところ自分でもわかりませんが、とりあえず

第0回から参加させてもらっていて…で短歌のふりかえりもしたかったのだけど北京、北京…音が似てるけどちょっと無理があるな、激しくはぜんぜんないけれど時折ぴきーん、ぴきーんと走る頭痛にリズムを支配されたり中断されたりで、リサイクルになりましたが

短歌に参加し始めてからの最近までの独り言でした。

 

 

 

あ、白黒のねこ二枚。

尻尾と、肩の辺りに点のようなのと、顔の一部だけ黒かったねこは、一見すごい強面で三白眼を光らせて向かって来た時には、かつあげ…と思ってしまいましたが、近寄ればビックリするほど人懐っこい

このあと近過ぎてピントが合わずにぼやけた画像ばかり残ってるほど、引っ付いてくれてしばらく離れなかった子でした。

スカートのちょっと地面についた裾を強引に踏んでよっこいしょ…って座り込まれれば、もうただただ撫でてむにむに、おー可愛い、あーにゃこにゃこにゃこ…と交流し続けるしかない。

人転がしの凄腕、ねこも見かけによらぬもの…と思わされた白黒でした。

 

 

 

 

広告を非表示にする