読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六月に雨が

You should take your umbrella.

無與倫比的美麗

photo diary 音楽 聴く 台湾

 

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160506190250j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160506190311j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160506190437j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160514115817j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160514115827j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160514120407j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160514120112j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160514120302j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160514120130j:plain

 

 

 

 

 

f:id:amenomorino:20160514120313j:plain

 

 

 

 

 

蘇打綠 sodagreen 無與倫比的美麗

 

 

” 空には凧が高く飛ぶ
地上の子は追いかける

あなたがもし飛べないことを心配するなら
あなたにはぼくの蝶がいる


空には凧が天高く飛ぶ
地上の子は追いかける

ぼくがもし飛べないことが心配でも
ぼくにはあなたの草原がある


あなたはぼくをこの世界で比べようもなく美しいと形容した
ぼくはあなたこそがこの世界で比べようもなく美しいことを知ってる


あなたはあなたが夏を必要とする時 ぼくが命がけで努力することを知ってる
ぼくはぼくが逃げ出そうとする時も あなたが援護してくれることを知ってる

 

 

空には凧が高く飛ぶ
地上の子は追いかける

あなたがもし飛べないことを心配するなら
あなたにはぼくの蝶がいる

ぼくがもし飛べないことが心配になったら
あぁ ぼくにはあなたの草原がある・・・”

 

どちらかというと男女とも低めの声の歌手のほうが比較的好きで、でもキーの高い男性代表みたいな、青峯?青峰?どっちでもいいみたいだけれどともかく吳青峯がボーカルである台湾のバンド・ソーダグリーンの、比べようもない美しさ、というような意味の無與倫比的美麗。

高~い高~い青峯の声に透明感というのともまた少し違う人間味や感情が感じられるような気がするんだけれど、それでなのかラブソングではあるのだけどただラブラブラブあいしてるというよりもうちょっとなんていうか、大きなもの、広いものを感じるような気がする。

で青峯の声にもすっかり洗脳されたのか時々ふいに思い出して聴きたくなる曲。

ハクモクレンモクレンの花はキレイだったけれど無與倫比的美麗というのは大げさになり過ぎる気がするけれど、花が咲くということは無與倫比的美麗の一つかもしれない。

けれどあんなに咲き誇っていて見にきてる人がほぼいなかった(よく通りかかるのでいやでも知る)というのには、

花も色々あるんやで~桜だけが花見やないんやで~と月亭可朝になって歌たろかしらと思うくらいには、惜しかった。

でも花にとってはそんなことそれこそどうでもかまへんのかもしれませんけれど。

 

 

 

もひとつおまけに台湾のねこ。

 

f:id:amenomorino:20160507190250j:plain

 

 

台湾へ行ってきた人が、猫で有名な所には特に行かなかったそうですがひょいっと出会って仲良くしてくれたあとまたどこへやら、とことことお去りになられたねこのご様子だよと写真をいただいたのでした。(許可を得て掲載しています)

台灣のねこ、しかし日本のねこと区別がつくか?と言われたら、いえ、無理、つきませんが。だいたいどこのどのねこももう存在が可愛らしい。ありがとう、なのだ。

私にとってはねこも一つの無與倫比的美麗なのかもしれません。

 

 

 なぜかはてなにログインしているとブログはじめはてなのすべてが重く遅くなるばかりで困惑しているにじ子でした。

 

 

 

広告を非表示にする